ヤクルト リベシィホワイト

 

最近、化粧品以外の会社が化粧品を販売するということが増えていますけど、ヤクルトも例外ではありませんね。

 

しかし、実は、ヤクルトは、「乳酸菌」の潤い成分が、肌を保護する働きがあるということを、ずっと前には発見しており、昭和20年代には、すでに化粧品を販売していたんですよね。

 

ヤクルトの初代は、瓶に入っていたそうなのですが、当時、この瓶は回収して手洗いしていました。なんと、洗う仕事に従事していた方々の手は、毎日の水仕事にも関わらず、スベスベだったと言われています。

 

そんなヤクルト化粧品に配合されているのが、「乳酸菌はっ酵エキス」です。

 

人間は、もともと「天然保湿因子」を持ち合わせているのですが、加齢などにより、年々減少し、乾燥などの原因となっています。

 

この「天然保湿因子」の主成分は、「アミノ酸」と「乳酸」なのですが、なんと「乳酸菌はっ酵エキス」のアミノ酸と、乳酸をたっぷり含んでいるのです。

 

そのため、非常に肌なじみがよく、天然保湿因子の役割を果たしてくれます。

 

そんなヤクルトの美白化粧品は、「リベシィホワイト」ですね。

 

こちらは、出来てしまったシミを徹底的に消す!という攻めの化粧品というよりも、肌を健やかに保ち、これ以上シミを作らせない肌にしていくという守りの化粧品と言えます。

 

リベシィホワイトの成分について

2種類の乳酸菌はっ酵エキスと、ヒアルロン酸を、一番バランスのいい形で配合し、肌の乾燥を根本的にサポート。

 

また、肌のターンオーバーを、促進する乳酸を配合し、くすみを一掃し、透明感のある肌へと導いてくれます。

 

リベシィホワイトの美白成分には、おなじみのビタミンC誘導体の他、抗酸化作用の高い、チンビエキス、プルーンエキスなどの、植物エキスを配合し、メラニンの生成を徹底的に抑制してくれます。

 

強力な美白成分は配合されていませんので、出来たシミを消したいというよりか、今よりも透明感をアップしてみずみずしい肌を目指したいという方向けだと思います。

 

全体的にくすみをなくし、肌のトーンをワンランクあげたい方には、おすすめの化粧品です。

美白・美容用語