フラセラ

 

フラセラは、六本木の美容皮膚科医「工藤さやか」が開発したドクターズコスメです。

 

肌トラブルを抱えて、クリニックに駆け込んできたお客さんが、綺麗になって帰っていくのに、少しすると、また戻ってくるのはなぜだろう?!そんな疑問から生まれたのが、この化粧品なのです。

 

医師の立場から言うと、肌表面のしわやシミを治すのは、意外と簡単なのだそうです。問題は、活性酸素が引き起こす肌トラブル。活性酵素は、もともと人間が自分の体を守るために存在するもの。

 

体内の細菌やウィルスを殺菌するなど、体の免疫力を高めてくれるものなのですが、バランスが崩れると、それが大量発生し、逆に細胞を傷つけるようになります。。

 

例えば、メラニンの生成を活性化したり、コラーゲンを変性したりと、肌にも悪いことだらけです。

 

そんなバランスを崩す要因は、ストレスや紫外線など、日々の生活で、避けられないようなことが多々あり、スキンケアなどで、きちんと対策することが大切なのです。

 

フラセラは、そんな活性酵素を強力に抑制、除去してくれるという話題の成分、「フラーレン」配合の化粧品なのです。

 

 

フラセらの成分について

フラーレンは、なんとビタミンCの約170倍の抗酸化力があると言われています。

 

ある実験で、紫外線を照射して、人工的にシミを作るということを行ったのですが、フラーレン配合クリームを塗布していた人の方が、シミが薄くなるのが早かったという結果が、実際に出ています。

 

またヒト細胞に、紫外線を照射し続けた結果、フラーレンを入れなかった細胞は、メラニンが大量に生成され、黒くなっていたにも関わらず、フラーレンを入れた細胞は、ほとんどメラニンが生成されなかったのです。

 

このような理由から、美白対策には今大注目の成分なんですね。

 

しかし、「フラーレン配合化粧品」というのは、近くのドラッグストアでも見たことあると思います。

 

しかも、値段もお手頃だったりします。。どの「フラーレン配合化粧品」が効果的なのかは、「R.Sマーク」というものを、是非参考にしてみてください。

 

このR.Sマークと言うのは、「フラーレンの配合量が全体の1%以上」配合されているかどうかの認定マークで、肌へ効果のある配合量を満たしているかの基準でもあります。

 

たとえ、フラーレン配合化粧品であっても、0.01%の配合では、上記のような効果はほとんど得られません。

 

フラセラはもちろんのこと、このR.Sマークを取得している、「高濃度フラーレン配合化粧品」な上に、話題の美容成分なども配合されており、アンチエイジング効果なども期待できる、贅沢な化粧品ですね。

 

美白・美容用語