ビーグレン

 

ビーグレンは、出来てしまったシミにとても有効な美白化粧品です。

 

実は、市販に売られている美白化粧品とは、出来てしまったシミを薄くするものではなく、「メラニンの生成を抑制して、しみ・そばかすを予防する」ものなんです。

 

「有効美白成分配合」と記載されている商品のほとんどが、米印で、追記が上記のようにされています。

 

もちろん、予防として、そういった化粧品を使うのであれば、非常に効果は高いと思いますが、シミを消したいという場合には、物足りないかもしれません。

 

ビーグレンは、出来てしまったシミを消す「ハイドロキノン」という成分が配合されています。この「ハイドロキノン」というのは、メラニンの黒ずみを白く還元する働きがあるため、出来てしまったシミにも有効とされています。

 

メラニンを作る細胞、「メラノサイト」の活性を抑制し、メラニンの産生を抑制したり、メラノサイトの中でメラニンが作られる過程をブロックすることでメラニン自体を減少させる働きがあります。

 

つまり、出来てしまったシミにも有効な上に、これから出来るシミも抑制してくれる、まさに完全無敵の美白成分なのです。

 

そんなハイドロキノンにも、デメリットがあります。それは、水溶性であるため、肌の内部に浸透しにくいということです。

 

肌は、バリア機能によって、守られており、基本的には、外的刺激を受け入れません。実は、ほとんどの化粧品に配合されている美容成分なども、分子が大きく、肌内部には、浸透しないのです。

 

メラニンは、肌内部で作られているので、きちんと浸透しなければ意味がないのです。

 

 

ビーグレンの成分について

しかし、こちらのビーグレンに配合されているハイドロキノンは、独自の「QuSome」というテクノロジーで、これらの成分を、超微小カプセルに包み、肌内部まで浸透させることに成功しました。

 

このテクノロジーは、ハイドロキノンをきちんと肌内部に届けるというメリットがあるほか、肌への負担を軽くするという働きも担っています。

 

というのも、ハイドロキノンは、非常に強い漂白効果がある反面、それが、肌の刺激になってしまうという副作用も存在します。

 

実は、アメリカでは、2%以上の濃度が配合されているものに関しては、医師の処方箋が必要となるほどです。そのため、敏感肌の方でも安心して使えるのがうれしいですね。

 

ビーグレンは出来てしまったシミを徹底的に美白したいという方にはおすすめです。

 

 

美白・美容用語