琉白 月桃スキンケア

 

琉白は、沖縄生まれの国産オーガニック化粧品です。

 

なんと、世界的にも一番有名なオーガニック認証団体「Ecocert(エコサート)」より、オーガニック認定を受けている、唯一の国産オーガニック化粧品なのです。

 

エコサートは、一度取得しても、毎年のようにチェックを受けて取り直さなければならないため、かなり厳しく面倒で、あまり取りたがらないメーカーも多いのです。

 

しかしこれに果敢にチャレンジした「琉白」は、本当に勢いを感じる国産オーガニック化粧品です。

 

オーガニック化粧品って、なかなか美白ラインがないのですが、こちらの琉白も、美白専門というわけではありません。
こちらはあくまでも、質の高いオーガニック化粧品という位置づけなのですね。

 

しかしながら、メラニン色素を活性化する、「活性酵素」を抑制する力、「抗酸化力」が非常に高い成分が主原料であり、使い続けるごとに、透明感のある肌へと導いてくれます。

 

ちなみに、日常生活に溢れたものを肌につける習慣は昔から存在していたそうで、これこそが、オーガニック化粧品の発端と言われています。

 

つまり、日本人の肌には、日本に自生する植物が一番身近で、一番肌に合うのです。

 

世界には、様々な「抗酸化力」の高い植物がありますが、琉白に使用されている植物は、日本に昔から生きている植物ですので、他のどのオーガニック化粧品よりも、日本人の肌に適していると言えます。

 

 

琉白の成分について

そんな琉白に配合されている植物エキスは、「月桃」です。実は、「沖縄の植物は抗酸化力が非常に高い」と言われています。

 

沖縄は、1年中紫外線が降り注ぎ、潮風も強く、植物にとっては過酷な土地のため、自分を守るために「抗酸化力」を持つようになったと言われています。

 

「月桃」はその中でも、抗酸化力が非常に高く、琉球時代から薬草などとして使用されてきた植物です。

 

なんと、赤ワインの30倍ものポリフェノールを含んでいるということで、圧倒的な抗酸化力を持っています。

 

また、最近の研究で、月桃に含まれる「カワイン」という成分が、コラーゲンの分解酵素である「コラゲナーゼ」の働きを抑制するということが分かっており、アンチエイジングなどにも非常に効果的です。

 

シミに対して即効性はありませんが、肌に優しい成分で、透明感のある肌を目指していきたいという方には、長くお付き合いできるオーガニック化粧品ですね。

 

美白・美容用語